ナノインパクト100

「ナノインパクト100を試してみたいけど、効果があるのかわからないと不安な方!」
ナノインパクト100を実際使用して感じた育毛効果と効果を裏付けする浸透力について、更には費用のことについてもまとめてみました!

2016年4月にナノインパクトプラスがリニューアルされ、ナノインパクト100に変わり使用しています。 それまでの私の薄毛具合の状況と育毛剤の使用履歴を…。
髪の毛1本1本が細くなり抜け毛も増え、髪の密度も低くなり角度によっては頭皮が透けてみえてきていました。

このタイミングで育毛剤を色々と試し始めましたね。
まずはリアップX5を使い始めましたが1ヶ月で副作用になってしまい断念。次に、副作用リスクが少ないと言われているチャップアップを半年間、更にM−1育毛ミストも半年間使用しましたが、どれを試しても抜け毛の本数は減ることなく髪の毛もどんどん細くなり、更に生え際も徐々に禿げ上がってきました。

ここまでくればおとなしく育毛サロンにいけばと思いましたが、毎月薄毛に使う金額は1万円以内と自分ルールを決めていたので、ひたすら自分にあった育毛剤を探している時にAMラジオから「ナノインパクトが今なら半額」と聞こえてきたので、そのまま購入してみることにしました。それが2015年9月の時で、ナノインパクト100の先代であるナノインパクトプラスになります。

この段階で、散々育毛剤には裏切られてきましたので、今回も半年効果がなければ辞める!ときっぱり決めて使い始めたのですが、使い始めて3ヶ月間くらいで抜け毛が少しだけ減ってきました。

髪の毛が生えた訳ではなかったですが、今までは抜け毛の数が減ることする感じられなかったので、少し嬉しかったですね。 その後、真面目に使い続けていると、4ヶ月目にはシャンプーの泡立ちがよくなっていることに気づき、5ヶ月目には鏡で映った髪の毛の密度も高くなっており「髪の毛が太くなっている」ことに気づきました。

6ヶ月目には、生え際をじっと目を凝らしてみると今までなかった部分に髪の毛がポツッと生えているのを発見。紛れもない産毛が生えました。

劇的な変化はないものの、毎月抜け毛の量が減り、髪の毛が徐々に太くなり、少ないながらも産毛を確認できるようになり、1つ1つ確実に薄毛の改善を実感できたと感じた為、継続してナノインパクトを購入しようと考えているタイミングで、ナノインパクト100にリニューアルされました。

ナノインパクト100の使用記

確かに思い返せばナノインパクトプラス使用者には「ナノインパクト100にリニューアルされる」という同梱物が入っていました。後で読もうととっておいたのですが、読むのをすっかり忘れていました。

ナノインパクト100にリニューアルされるチラシ

その次の月にナノインパクト100が到着。製造元のホソカワミクロン化粧品と書かれたダンボールに入れて届きました。これは前と変わりません。

中をあけてボトルを見てみたのですが、白をベースにグレーのキャップにロゴと100の数字があしらわれていました。ボトル自体は片手で持てるほどの大きさで幅もとらないので、塗布しやすく収納しやすい大きさです。 ちなみに、ナノインパクトプラスとはキャップの色が濃くなり、ロゴが変わった以外は変化はありませんでした。

ナノインパクト100とナノインパクトプラスの比較

肝心のナノインパクト100の中身ですが、正直この段階では何が変わっているかよくわかりません。ただ、値段も高くなるということはなくそのままでしたね。(希望は値段も安くして欲しかった。。) 同梱されていたカタログ上でナノインパクト100の強みと先代からのリニューアル内容をまとめるとこういう感じです。

  • ナノカプセルの大きさが160nm(ナノメートル)から140nmになり更に浸透力がUP!
  • ナノカプセルの量が60兆個から100兆個になり濃度が更にUP!
  • 配合成分量が39種類から43種類に増量!

毎日使いやすいナノインパクト100の使用感と特徴

育毛剤は毎日2回塗布するので、使用感であまりストレスを感じたくはないですよね。ナノインパクト100はつけてどんな感じなのか初めてつけた時の使用感をまとめてみました。

アルコールの匂いはほとんどなく、ややベタつきのある育毛液

液体そのものを手にとって見てみたのですが、少し黄身がかった液体になっています。少しだけとろみのある液体で生え際に塗布しても、ツーっと液が落ちてくることは少なそうです。 匂いはほんのりアルコールの香りがしますが、つけている本人以外気づく人はいないくらい薄いにおいです。

塗布して、頭皮をマッサージすると少しベタつきが残るので使用後は手を洗った方がいいかもしれません。ただ、髪の毛がガシガシになるほどのベタつきではないので想定の範囲内といえるでしょう。

塗布後は数分もしないうちに育毛液は乾いていき、髪の毛もサラサラの状態に戻ります。 5分ほどヘッドマッサージをして髪の毛が乾くと、毎回髪の毛がサラサラになっている様な気がします。風に髪がなびくほど髪の毛は長くないのですが、1本1本の指通りが非常に良くなります。成分を調べてみるとナノインパクト100には、保湿力の高いスーパーヒアルロン酸が配合されているので、それが要因かもしれませんね。私はこれを勝手に、「ナノインパクト100のトリートメント効果」と呼んでいます。

ナノインパクト100を頭につける

同梱物の育毛ガイドBookに正しい育毛剤の使い方が掲載されている

同梱物の1つである「育毛ガイドBook」には、シャンプーの方法や育毛環境を整える正しいマッサージ方法について事細かにまとめてくれているので、最初から使用方法で迷うことはないのではと思います。 特に9、10ページの正しいシャンプー方法、11ページのマッサージ方法、12ページの日常生活で気軽にできる育毛に効くツボの紹介ページの内容を覚えれば、毎日同じことをするだけでいいので、考える時間もなく、毎日非常に楽に使用することができます。

ナノインパクト100の説明書に書かれたシャンプー方法

長続きする清涼感は嬉しい人苦手な人が分かれるかもしれない

塗った後には、メントール的な清涼感がスーっとし、先代の時より長続きするな~と感じました。

塗布してから波はあるのですが、5分後くらいを最頂点に、約20分ほど清涼感は続きます。わたしは、清涼感がある方がつけている感じを実感できるので好きなのですが、夏場に使う汗拭きシートの様なスーっとした感じが苦手な人は少しストレスに感じるかもしれません。刺激としては痛いと感じるほどきつくはないので、絶対にメントールのすーっとした感じが嫌!という人以外は問題ないと思います。

逆に、私はパソコン仕事が続いて毎日目が疲れるので、生え際に塗布してマッサージすると結構リラックスでき、この使用感が好きだったりしますけどね。

気になる薄毛箇所にダイレクトアプローチが可能なトントン方式

ナノインパクト100のノズル

ナノインパクト100のノズルは至ってシンプルなトントン式のノズルです。ジェットスプレーのようなタイプは勢いよく育毛剤が噴射されるので、狙ったところにアプローチできるというメリットがあるそうです。でも実際使用している人に聞くと、髪の毛が邪魔してうまく頭皮に塗布できないらしいです。作り手と消費者の思いは違いますね。。 トントン式だと本当に気になる点にトントンするだけなので、ピンポイントに薄毛ポイントにアプローチでき頭皮に直接育毛剤を塗り込むことができます。しかも慣れてくると、微妙な量を手癖で調節ができます。常に一定量が出てしまうスプレータイプよりは使い勝手は良いと感じますね。

ただ、残念な点もあります。1日2回塗布するので、1回あたり1mlなのですが、1mlって何回トントン分なのかわからないんですね。。最初に使ったリアップX5は同じようなタイプながらも、先に所定量の1mlを正確に計量することができますが、そんなシステムはありません。公式サイトにも記載がないので最初の1ヶ月はすごく困りました。 わたしの毎月の使用感でご報告すると、1回につき20~25回トントンするのが1回の塗布量だと思います。1,2回目のトントンはうまく液が出てこないので私はいつも22回トントンしていて、疲れている日や寝る時間が遅くなった時などは25トントンする様にしています。この使用量でだいたい1ヶ月と3日~5日ほどでなくなるので、参考にしてみてください。

ナノインパクト100の同梱物一覧

ナノインパクト100の清涼感はどれくらい長持ちするのか測ってみた

ナノインパクト100は副作用になるのか?

ナノインパクト100を使って感じた育毛効果

ナノインパクトプラス使用後6ヶ月で髪の毛が太くなり、今までなかった生え際の部分に髪の毛がポツッと産毛が生えているのを発見できる様な効果がでた状態でナノインパクト100にリニューアルされました。到着後から、感じた効果をまとめてみましたので、ご覧ください。

抜け毛の本数が更に減った

ナノインパクト100を使い始めて、現時点で1ヶ月なので、育毛という点においては大きな変化というのは見た目では感じられませんでした。 育毛剤使用前とナノインパクトプラス使用中、そしてナノインパクト100を使い始めてからの、それぞれの抜け毛の本数を数えてみたらこの様な結果が出ました。

2015年9月 育毛剤使用前 855本
2016年1月 ナノインパクトプラス使用中 570本
2016年4月 ナノインパクト100使用中  507本

育毛剤使用前の本数は9月で秋口は抜け毛が増えるので、抜け毛本数は上振れ補正がかかっているものの、ナノインパクトプラスを5ヶ月使って約30%減少しました。 そこから、ナノインパクト100に変更して1ヶ月で更に抜け毛の本数が12.5%減少しました。抜け毛の本数は1日で100本くらいが許容範囲といわれているそうです。風呂の中で1日平均70本抜けているのですが、抜け毛本数が限りなく許容範囲に収まってきていると思います。

髪の毛が太くなり抵抗力がでてきた

シャンプーをした時の髪の毛に触れた時の感覚なのですが、育毛剤使用前に比べてシャンプーの泡立ちがよくなり髪の毛は元気になっていたのですが、ナノインパクト100を使いはじめて更に短かった髪の毛が手に引っかかる様になりました。今までは髪の密度が薄く1本1本が細かったので、しなっとしていたのですが、これもナノインパクト100を使い始めて感じた効果です。

ナノインパクト100を使って感じた効果と毎日の育毛トレーニング

ナノインパクト100を使って効果を実感できた理由を考えてみた

私は、今までそこそこ名前の売れた育毛剤を使用して効果を感じなかったのですが、ナノインパクト100は抜け毛の減少、そして髪の太さの改善という2つの点において効果を感じることができました。

どの育毛剤も実績があり口コミを見ていると、賛否あるものの効果を期待できそうな成分に対しての説明があったのですが・・・ そこで、他の育毛剤で効果を感じずにナノインパクト100で効果を感じた理由をさぐる為に、その強みと他の育毛剤を比較してみました。

ナノインパクト100本体

ナノインパクト100の強みは浸透力と持続力と配合している成分の数

リアップであればミノキシジル、BUBKAであればM−034、チャップアップであればたくさんの成分が配合されている点と、育毛剤にはそれぞれの強みがあり、どれも信頼に値するような内容がサイトに掲載されていたので購入してみました。そのどれともかぶらない「浸透力と持続力」が、ナノインパクト100の強みです。

これにはどうも独自の考え方があるらしく、薄毛になる原因を毛根の栄養失調と考え「毛根に栄養を届けなければ意味がない!」という主張があるようです。だからかしれませんが、育毛成分を43種類も配合し、それを配合したカプセルを1ボトルに100兆個配合していて、その1つ1つのカプセルの大きさは140nm(ナノメートル)という普通に考えたらなんだかよくわからない単位がならんでいますが、カタログやネット検索などで調べたらこんな効果があるみたいです。

毛穴の200万分の1の大きさの育毛成分配合カプセル

ナノ水などで浸透する強さがあると主張する育毛剤もちらほらと見られますが、ナノインパクト100はナノカプセルの中に育毛成分を配合しています。 ナノカプセルの大きさは140nmですが、毛穴の大きさと比べると200万分の1の大きさということです。200万分の1ならどれだけ、毛穴が汚れで詰まっていても、皮脂汚れをすり抜けて毛根まで育毛成分が届きそうです。

ナノインパクトプラスの時のカタログを読み返してみると160nm(ナノメートル)でカプセルが60兆個配合されていたと書いてあったので、より細かくなり皮脂等で詰まった毛穴の中もすり抜けやすくなったということですね。

小さいことはよくわかりましたが、水と比べてどれくらい浸透するか?というのは気になりますよね。水でも十分頭皮に浸透するのであれば、わざわざカプセルに育毛成分を入れる必要もないですし。浸透力について色々調べていると、ホソカワミクロンのサイト内のこちらのページにたどり着いたのですが、その実験結果によると、単純な水とナノカプセルに育毛成分を入れた育毛液を頭皮に塗布した場合、ナノカプセルに育毛成分を入れている方が水に比べて約2倍~2.5倍毛根の深部にまで浸透しているということがわかりました。

ホソカワミクロンの公式ページに紹介されている水とナノカプセルに入れた育毛液における浸透度の比較

わかりやすいようページ内の画像をご紹介しますが、写真でもきちんと表現されていますし、これなら浸透度が高いということはわかりますね。逆に、ただの水に育毛成分を配合していた方を見たときに驚愕だったのですが、育毛剤を塗布しても毛根までほとんど育毛成分が流れ着いていませんでした。。浸透力が低いから今までどの育毛剤を使っても効果がなかったのか…となんとなく納得できました。

ただ、毛根に育毛成分が届くだけで薄毛は改善できるのか?という点が気になります。先ほど紹介したページの一番下には育毛実験結果が記載されていましたが、5年間で頭頂部の薄毛が進行している人が3ヶ月ナノインパクト100を使用すると、抜け毛が減り、毛が太くなり、産毛が生えるという結果になったということです。

ただ、問題は一つあり、医薬品のように多数の人が実験しているわけではなく、この実験の被験者は1人です。。実際に使って薄毛が改善できた私も同じ様な成果になっているので、対象者の分母は2になります。これだけだと証拠としては信頼性に欠けるデータではあるので、全員が同じとは言いきれませんが、少なくとも毛根に育毛成分が浸透することで、薄毛が改善される何らかの根拠があるのはわかると思います。

育毛成分を配合しているナノカプセルはどれくらい小さいのか?

持続力はナノインパクト100ならではの考え方

ナノインパクト100に配合されているカプセルは、PLGAカプセルといって、毛根に反応してカプセルが溶けて成分を放出する構造になっているそうです。溶けた後は、12時間かけて育毛成分を放出し続けてくれるので、毛根は育毛成分を常に吸収することができます。

他の育毛剤では、育毛成分をカプセルに配合するという概念がなく、ただ水の中に混ぜているだけなので、効果も一瞬。1度塗布したら次に育毛剤を塗布するまでの約12時間は育毛成分を与えられない訳ですからね。これもナノインパクト100の強みではないかと考えています。

ナノカプセルが12時間育毛成分を放出できる理由

多くの成分が配合されているので、様々な薄毛の症状に対応できる

毛根まで育毛成分を届けられ、1度塗布すれば育毛成分を12時間にわたって与え続ける事ができるナノインパクト100ですが、そもそもどういう成分が配合されていて、どういう効果をもたらしてくれるのか気になるところですよね。

正直、ミノキシジルやM-034のような必殺技的な育毛成分は配合されていません。しかし43種類というとにかく大量の育毛成分が配合されているので、様々な薄毛に対して多角的にアプローチする事ではないかと思います。

43種類の中身は、育毛有効成分はセンブリエキス、エチニルエストラジオール、トコフェロール酢酸エステルの3種類。 それ以外は、女性ホルモンの増加、抗酸化効果、抗炎症効果、血行促進、保湿、抜け毛予防、髪の毛が伸びるための細胞分裂活性化を促す、成分が満遍なく散りばめられています。

先代からナノインパクト100にリニューアルされてからを比べてみると、ツバキエキス、アシタバエキス、セイヨウオオバコエキス、ビルベリー葉エキスが配合されたのですが、更に、頭皮の酸化と炎症を抑え、髪の毛が伸びるための細胞分裂活性化をより促すようになりました。

実際使って効果がなかった育毛剤と比較してみた

私がいままで使った育毛剤にはそれぞれに強みはあったのですが、残念ながらどれも半年間使って産毛が生えることもなければ、抜け毛が減少することもなかったです。 ところがナノインパクト100の場合は、使用して約1ヶ月で抜け毛の量は減少し、先代時代から起算して約6ヶ月で産毛が生えるにまで至りました。

浸透力が売りの育毛剤であるナノインパクト100は効果があって、その他の育毛剤では効果がでなかったということは、今まで使用していた育毛剤は毛根まで育毛成分が届いていなかったため、効果がなかったという事が想定されます。 そこで、今まで使った育毛剤とナノインパクト100を浸透力と持続力、それに配合成分数の3つのポイントで比較してみました。

  浸透力 持続力 配合成分数
ナノインパクト100 140nm 12時間 43種類
ポリピュア 記載なし 記載なし 9種類
BUBKA 低分子ナノ水(具体的な大きさの記述なし) 記載なし 32種類
チャップアップ 低分子ナノ水(具体的な大きさの記述なし) 記載なし 50種類
M-1育毛ミスト ナノサイズ 記載なし 6種類

.こうして並べてみると、私の想定は半分あたっていて半分外れていました。 M−1ミストも育毛成分をナノレベルの大きさにまで小さくしているので、毛根に成分は届いたはずでしたが効果を感じるつことができませんでした。

おそらくですが、毛根に届けることを大前提としながら、多くの成分で継続的に毛根にアプローチしつづけることで、効果を感じることができたのではと考えられます。 それぞれわたしが今まで使ってきた育毛剤とナノインパクト100を更に詳しく比較してみましたので、気になる方はこちらのページをご覧ください。

ナノインパクト100のお得な購入方法は?

ここまで記事を読んで、ナノインパクト100を利用してみようと思っても、思ったより費用が高ければ買う気にはなりませんよね。 わたしのナノインパクト100を使った薄毛改善スケジュールをマイルストーンにおくと、半年間は使い続けることになります。

ざっと計算してみましたが、初回購入者は¥3,780円で(ナノインパクトプラスからの継続者は定価の¥7,560円でした涙)、以降は¥7,560です。合計すると半年間で¥41,580とそこそこの費用です。 ただ、定価でずっと提供している訳でもなく販売元であるホソカワミクロンも色々とユーザーに負担が少なくなるようなサービスを提供してくれています。

     
  • 使用後でも30日以内であれば全額返金
  •  
  • 定期購入者は送料や代引手数料が無料
  •  
  • 1年間継続定期購入で商品代金の8%ポイントで還元

30日で明確な成果がでる訳ではないので、30日の全額保障はナノインパクト100の使用感が合わなかった人は利用すればいいと思います。清涼感が長続きするのでどうかな?と考えている人には使ってみるべき制度だと思います。

ナノインパクト100のポイント還元率

ナノインパクト100のポイントプログラムはブロンズ~ゴールドまであるのですが、育毛剤だけ定期購入している人は1年間購入を続けてシルバー会員になります。シルバー会員では商品代金の8%がポイントとしては還元されるので、1年1ヶ月定期購入を続ければ7560ポイント貯まり、14ヶ月目の商品はなんと無料でゲットできます。