チャップアップはリニューアルされ配合成分が更に増えたが薄毛予防を目的とした育毛剤になっている

チャップアップはウルトラマンを広告キャラに立てたり、ランキングサイトで上位にいたり、MENS’NONやGQなど男性ファッション誌で多数取り上げられたりと、様々なところで高い評価を得ている育毛剤です。育毛剤初心者にとって第三者からの評価が高いというのは、育毛剤を購入する際の大きな決め手になるので、購入前チャップアップに対して抱いていた印象は内容うんぬんより「人気の高い育毛剤」というイメージでした。

チャプアップは育毛成分を医薬部外品育毛剤の中では最多の50種類配合しており、無添加無香料で副作用リスクも少ないということが多数の口コミサイトで記載されていたので購入したのですが、M-1育毛ミストと同じく半年チャップアップを利用しても抜け毛の減少すら感じることがありませんでした。

そんなチャップアップですが、2016年9月7日に到着したチャップアップからのメールマガジンによると、フルーツ成分を大量に配合、毛母細胞の活性化促進をするための成分を配合するというリニューアルをしたようです。そんなリニューアルしたチャップアップとナノインパクト100を比較してみましたのでごらんください。

チャップアップは配合成分数が多く副作用リスクをできるだけ下げる成分を配合しているが…

チャップアップは医薬部外品の中でも配合成分量が最も多い育毛剤です。育毛剤単体に入っている育毛成分がリニューアル前で50種類であり、リニューアルしたことによって新たに下記13成分が配合された様です。

  1. グレープフルーツエキス
  2. リンゴエキス
  3. オレンジ果汁
  4. レモン果汁
  5. ライム果汁
  6. キイチゴエキス
  7. キウイエキス
  8. スターフルーツ葉エキス
  9. セイヨウナシ果汁発酵液
  10. ユズセラミド
  11. 冬虫夏草エキス
  12. トマトエキス
  13. ヘマチン液

今までの成分がそのまま配合されていると考えると、チャップアップに配合している育毛成分は63種類ということになります。(計算が間違っていたらすいません。。)ちなみに、ナノインパクト100も43種類と育毛剤の中では多く配合されている方ですが、配合成分数はチャップアップの方が多いですね。 チャップアップは配合している61種類の育毛成分のうち医薬部外品成分(国から育毛効果を訴求していいと言われている成分)はその内3種類で、センブリエキス、グリチルリチン酸ジカリウム、塩酸ジフェンヒドラミンです。それぞれに期待される効果はこんな感じです。

     
  • センブリエキス…血行をよくして毛乳頭細胞の働きを活発にする
  •  
  • グリチルリチン酸ジカリウム…頭皮の炎症を抑えて頭皮環境を正常に整える
  •  
  • 塩酸ジフェンヒドラミン…頭皮の炎症を抑えて頭皮環境を正常に整える

頭皮環境を整える成分をわざわざ2種類配合しているのかは謎ですが、3種類中2種類が副作用を抑える守備型の成分を配合していますね。チャップアップが副作用が少ないと言われる所以は配合成分にあるようですね。新たに配合された13種類の成分も10種類は抜け毛の原因である5αリダクターゼの発生を抑える成分であり、医薬部外品しかり、リニューアル内容しかり抜け毛になる前に予防するという概念がチャップアップにはあるのかもしれません。

一方、ナノインパクト100ですが、同じく医薬部外品成分は3種類配合していて、センブリエキス、エチニルエストラジオール、トコフェロール酢酸エステルになります。同じく、それぞれに期待される効果はこんな感じです。

     
  • センブリエキス…血行をよくして毛乳頭細胞の働きを活発にする
  •  
  • エチニルエストラジオール…抜け毛の原因となる5αリダクターゼの発生抑制
  •  
  • トコフェロール酢酸エステル…頭皮の酸化を抑え頭皮環境を整えるとともに、血行をよくして毛乳頭細胞の働きを活発にする

チャップアップとは違い、3種類中2種類が育毛を促すための攻撃型の成分を配合していますね。また、トコフェロール酢酸エステルの様に、頭皮環境を正常に整える成分を配合していますが、同時に血行もよくするというハイブリッドな育毛成分がチョイスされています。育毛剤初心者からみてもチャップアップと比較してみると、抜け毛を予防し薄毛の原因を対策しながら育毛を促すという守備と攻撃を同時に行うことができるバランスのいい配合ということがわかりますね!

ナノインパクト100とチャップアップの配合成分を比較すると配合成分数はチャップアップの方が多いですが、配合している成分の内容はナノインパクト100の方に軍配があがるといえます。

チャップアップは定価が高め。

チャップアップでオススメされている最も優遇率の高いプランは、育毛剤+サプリメントの即定期便プランです。公式サイトでさえ、一番目立つところにはこのプランしか表示されないので、どうしてもこのプランを購入して欲しいんだなというのがわかりますw プランの内容ですが、育毛剤とサプリメントがついて定価20,760円のところが9,090円なので、毎月56%引きで購入できる割引率の高い非常にお得なプランだと思います。

「サプリメントはいらないんだけど…」という方にも育毛剤購入のみプランが用意されていて、こちらは都度購入でも14,800円の育毛剤が7,400円と50%オフで購入できます。

ただ、ここは私疑問に感じだのですが、割引率だけみれば「親切だな~」と一瞬思ったのですが、都度購入しても50%も割引いてくれるなら「定価って何?w」ということです。なんか無駄に定価を高く設定されている様な気がするので。
将来的に「メーカー希望価格38,000円を7,400円で提供し割引率は驚異の80%!」てことにもなりかねないななんて思ったりもしますw

戻ります。ただ、チャップアップは内容量は120ml配合で1ヶ月で使い切ってもらうことを前提で作られているので、1回4ml頭に塗布すると考えるとかなりしっかりと育毛液を塗布することができます。

一方、ナノインパクト100は、初月が3,780円ですが以降は毎月7,560円。(ちなみに定価はもちろん7,560円w)金額的に4,000円だしてお釣りがくる様な医薬部外品育毛剤は少なく、ナノインパクト100は非常に試しやすい育毛剤であると思います。

ただ、育毛剤は半年以上使って効果を感じられるものなので、長期的に使用すると、ナノインパクト100とチャップアップの価格差はあまりないようにも感じます。 価格についてはナノインパクト100が試しやすいですが、どちらも無料お試し期間が30日間ついているので、使用感を感じたいということであればどちらも試してみることはできるといえます。

ナノ水配合だからといってチャップアップは浸透力が高いという訳ではない

チャップアップは低分子ナノ水の中に育毛成分を配合しているので、浸透力が高いというのもポイントです。

ただ、M-1育毛ミストのページでも記載しているのですが、低分子ナノ水というのは1つ1つの分子をみれば確かに小さいので浸透力はあがるものの、水はあくまでも水である以上、分子の結合体であることに変わりありません。それが低分子であっても小さい分子が結合している以上、細かくなっているわけではありません。特に育毛剤のように皮膚から吸収しようと思っても、浸透力自体は上がらないということがわかりました。

一方、ナノインパクト100の浸透力が高い理由であるPLGAカプセルはナノサイズの個体であり、ナノサイズの個体が水の中に浮遊している状態なので結合することなく、ナノサイズのまま毛穴に入っていくので浸透力が高いということでした。と考えると、浸透力ではチャップアップとナノインパクト100を比較すると、ナノインパクト100の方が浸透力が高いということになりますね。

リニューアルされたチャップアップだが、旧型とそこまで大きな違いは感じられない

リニューアルされたチャップアップの新たに配合された成分をみて感じたことは、今回のリニューアルはそこまで大きなリニューアルではなく、想定される効果としてはあまり変わらないものであるというです。

リニューアル前にチャップアップを半年間利用して効果を感じなかった私ですが、これはチャップアップが薄毛を予防することに注力した成分を中心に配合していた為、育毛効果を感じなかったのではと想定されます。また、浸透力に関しても大きく変わっていないので、生活習慣が悪く皮脂よごれが詰まっている人には効果がないということも想定されます。

価格についてもナノインパクト100は初月半額で以降は値段がほとんど変わらないということをかんがえると、成分的にも浸透力的にも価格的にもチャップアップをチョイスするよりかは、ナノインパクト100をチョイスした方が賢明なのではと思います。

チャップアップのサイトへ